言語を設定する

次のように:

すべてのカテゴリ

ブログ

ホーム » ブログ

集塵機フィルターバッグはどのように壊れたり壊れたりしますか

時間:2018-01-29

filter bag is to remove dust and pollutants in the bag house. The dust removal mechanism is mainly used to filter dust on the surface of the filter media. Prominent feature is the high dust removal efficiency, dust exhaust through the filter bag, the emission concentration is generally stable to reach 50mg / m ³ 以下、または最大5mg / m ³。 今日の環境保護要件はますます高まっています、バッグ ハウスダスト除去には他に類を見ない利点があります。

filter bag generally by the host, filter elements (dust bag) and backflush control and other auxiliary systems. The dust bag is the core component of the filter bag. The material, sewing, use and maintenance are related to the efficient and stable operation of the whole system. The air volume, dust concentration, load balance, flue gas temperature and humidity, corrosivity And other factors may cause dust bag failure failure. Among the many types of failure of dust bagging, wear is a common type and is closely related to the design, manufacture and application of the dust collector.

ダストバギングの種類と損傷の原因

一般的なダストバッグの故障による損傷は、主に摩耗、燃焼、腐食です。

filter bag bag refers to the use of dust bag, due to repeated filtering and backflush state switching, bag bulging and shrinkage, bag and dust skeleton or other relative movement between the components, high-speed dust flow caused by erosion of local wear and tear.

ダストバギングは、異常な高温煙道ガスまたは高温ダスト粒子の処理によるものであり、温度がフィルターの温度許容範囲よりも高くなるため、フィルターの高温部品によって損傷が発生します。

バッグの腐食は、フィルターの煙道ガスの化学反応における有害な成分によって引き起こされ、フィルターの損傷や故障の機械的特性を低下させます。 フィルターバッグの腐食は、条件を超える煙道ガス組成でより多く現れ、ガス腐食と液体腐食、液体の存在下での有害ガス組成に分けることができ、フィルターバッグに損傷を与える可能性が高くなります。

煙道ガス中の液体成分の存在(凝縮など)により、ダストを含むペーストが形成され、フィルターバッグの隙間が詰まり、ダストバッグがダストの故障につながりました。

ダストバッグの摩耗防止と処理

Dust bagging is the main type of bag breakage failure. After other types of damage caused by small holes, the scouring of the dusty air stream also causes further wear. Wear and filter bag structure design, air flow organization, cleaning and cleaning are closely related. Dust filter bag wear parts are divided into the following five conditions: bag pocket, filter bag bag, bag bottom, bag bottom and filter bag inside, different parts of the wear and tear of the situation and its different factors, the solution Also different.

ダストバッグポケットマウスウェア:

バッグポケットの口は、ポケットの400mm以下の部分で、ほとんどが損傷したトレースの内側と外側から摩耗します。 この種の早期の摩耗は、主にバッグの中心から偏向した圧縮空気の脈動によるもので、フィルターバッグの側壁によって直接フラッシュされます。 圧縮空気の継続的な浸食の逸脱側では、圧縮空気の最初の層の内側のバッグが吹き飛ばされ、次に基布が吹き飛ばされ、最後にフィルター表面も吹き飛ばされます。 フィルターバッグの側面が損傷すると、損傷した部分の抵抗が低下し、ダスト状の煙道ガスが損傷した部分から急速に入り、損傷した部分を斜めに洗い流して、新しいボイドと新しいダスト状の煙道ガス入口を形成します。 バッグのヘッドとバッグ本体が分離した場合でも、口の環状の損傷。 このような損傷は主に、圧縮空気の圧力が高すぎる、短いチューブのスキュー、フラワープレートの変形などの原因であり、摩耗が見つかったら、新しいバッグの前にブローバックブローをチェックまたは修復する必要があります。

フィルターバッグ本体の摩耗:

ダストバッグバッグの本体の摩耗、一般的な垂直フィルターバッグの中間摩耗の痕跡。

バッグケージバーの接触点に損傷があり、バッグがバーからぶら下がっている、または腐食している、フィルターバッグが摩耗している、または注入圧力が高すぎる、注入が頻繁すぎるため、フィルターがバッグとバッグケージ壊れた接触点が破裂します。 このような摩耗の問題は、バッグケージを交換するか、ブロワーを調整することで解決できます。

If the damage marks from the outside to the inside, damaged in the bag cage bar at the point of contact. Often visible outside the filter bag (adjacent to the filter bag or box member) and bags have traces of wear and tear. This type of wear is the bag cage deformation or filter bag installation is too small, the filter bag is too large or loose diameter, causing the filter bag and filter bag, filter bag and the contact between the dust box components in the backflush process due to the filter bag Bloated friction with each other to wear. Generally need to replace the bag cage, and ensure the installation quality. filter bag design process, should avoid the filter bag spacing and the distance between the filter bag and the box structure is too small.

フィルターバッグ下部の機械的摩耗:

フィルターバッグの底部でより一般的なフィルターバッグの外側の摩耗を300mm以下で低くし、片側でさらに摩耗します。 局部ミシン糸は摩耗しますが、磨耗位置ミシン糸は強くありません。 フラワーボードの変形によるこのような摩耗、穴の間隔が小さすぎる、バッグケージの変形、フィルターバッグが長すぎるなどの原因。 個々のフィルターバッグとダストボックスの壁の摩擦による損傷。 このような損傷は、フラワーボードのレベルを厳密にチェックする必要があり、よく作られたバッグケージを使用する必要があります。

フィルターバッグ下部のリング摩耗:

外リング摩耗キャビティによって形成されたフィルターバッグの下部に。 このタイプの摩耗は、フィルターバッグによって引き起こされた局所的な浸食におけるダスト煙道ガスによるもので、エアフィルターの局所的な流れが大きすぎることを示しています。 より一般的なフィルター速度では、より高い集塵機または研磨材が強い粉塵をカットし、フィルターバッグが損傷すると、すすの対角線の損傷が浸食され、損傷が拡大し続けるため、フィルターバッグに深刻な損傷が発生すると、環状リングが破損する可能性があります。

バッグの内側の下部の摩耗:バッグケージの位置との接触ではより一般的であり、ケージとバッグケージの直径の差の大部分が大きすぎるため、変換率が大きすぎると、フィルターバッグのクリーニングとフィルタリングが行われます。バッグケージの摩擦による損傷。 高品質のバッグケージの交換が解決できます。

フィルターバッグの下部の外側に摩耗:

表面の磨耗や破れの明らかな兆候。 ミシン糸の底、ろ布が磨耗しており、袋の底が傷んだり全体が外れたりすると深刻です。 このタイプの摩耗は、ホッパー内の材料レベルが高すぎるために発生します。エアフローのダスト粒子が直接バッグを磨き、摩耗を引き起こします。 灰の排出能力を高めることにより、ホコリ除去アッシュホッパーシステムを調整し、ほこりの蓄積が高すぎないようにして、フィルターバッグ内のホッパーホッパーの形成を防ぐことができます。

バッグケージの底部でより一般的に着用されるフィルターバッグの底部が小さすぎるまたは長すぎるフィルターバッグの場合、バッグケージシステムはバッグの底部しかサポートできません。 フィルターバッグの底面がスロッシングしたときにフィルターバッグのクリーニングとフィルターの切り替えが発生し、フィルターバッグの底面が摩耗した。

内側のダストバッグ:

バッグの内側の損傷がバッグケージの外径より大きく、バッグの直径の差が大きすぎるため、フィルターバッグのクリーニングとフィルタースイッチングの振幅が大きすぎ、バッグの内側とバッグケージの摩擦のスターラップが原因で、バッグの内側が摩耗している。

バッグケージの損傷した位置の内側のバッグ。摩耗時に腐食の痕跡があり、ほとんどが角度の付いた酸化物層で形成されたバッグの表面、この時点ではバッグケージの表面はサンドペーパーとして、バッグをクリーニングするたびに腐食します。深刻な摩擦バッグになります、最後の摩耗バッグ。 フィルターバッグにマッチした高品質のバッグを使用することで、フィルターバッグの内側の摩耗を防ぎます。

Dust bag is the heart of the entire dust collector, filter bag failure will make the entire device does not work properly. The main wear and tear filter bag design and application of dust, manufacturing, installation quality. The wear process starts locally, but as soon as a small wear hole is formed, it quickly spreads, causing a larger bag to break. Therefore, to strengthen the operation of the inspection, testing, early detection of small wear and tear, but also to avoid causing large-scale filter bag wear an important factor.